東京マルイ M870 タクティカル - エアガンレビューなブログ

東京マルイ M870 タクティカル

コピー (1) 〜 dc110427

marui-m870-1.jpg

ガス・ポンプアクション・ショットガン (3ショット・6ショット切り替え式)

固定ダブルホップアップシステム

全長   954mm

重量   2,680g

装弾数  30発 (ショットシェル型マガジンに装てん)

価格   36,540円 (税込み)

marui-m870-2.jpg

時代の流れで、ショッガン本来の味わいは薄れたか・・・・


法律で威力の上限が規制される前、まあエアガン無法時代には
ガスガンでも高圧なガスを使用してたので、シヨットガンの様に一度に複数のBB弾を
発射させても、パワーに物を言わせて軽快に飛ばせていたわけですが
現在は、ガスガンに使われるガスは、ほぼ比較的低圧なHFC134aガ゜スが使われ
パワーも規制されているので、一度に大量のBB弾を発射させるのは、
厳しい時代になりました。

今販売されている他メーカーのシヨットガンを、幾つか上げてみると、
マルシンのモスバーグM500ガスガン、6mmBB弾仕様がケースレスで一度に1発発射
ただ、装弾数は170発程と多い。8mmBB弾仕様はケースレスで一度に3発発射。
装弾数は42発。
同じマルシンのM1887ガスガンはライブカート式で、ショットシェル(散弾銃用の弾薬)の
装てん&排出アクションが楽しめる。ショットシェルの装弾数は5発。
ショットシェルに1発の8mmBB弾を詰めて撃ちます。つまり一度に1発発射。
以前は1〜3発詰められた様ですが、仕様変更になりました。

マルゼン製のM870ガスガンもライブカート式。ショットシェルの装弾数は4発。
ショットシェルに1〜9発のBB弾を詰められますが、実用的には4発位までかな。
マルゼンM1100ガスガンはオートマチックタイプのショットガン。
迫力の作動が最高です。ショットシェルはM870と同じ物を使います。
装弾数は7発。コンパクトタイプのリヴィジョンは3発。
マルゼンCA870コッキングガンは、カートレスで装弾数40発。一度に1発発射。

KTW製スパス12コッキングガンはカートレスで装弾数60発。
一度に1発-2発の切り替え式。
KTW製イカサ・ライアット・コッキングガンもカートレスで装弾数は72発。
一度に1発発射。
KTW製イカサM37・コッキングガンはカートレスで装弾数は46発。
一度に1発-2発の切り替え式。

等々。。。。。。。。。。

現状ではショットガンと言えども、一度に発射するBB弾は1〜3発ぐらいが殆ど。

勿論マルイにもショットガンはあります。コッキングガンのM3とスパス12で
マルイ独特の発射システムを持っています。
一度に3発発射ですが、それぞれ独立したインナーバレルから発射されます。
つまりアウターバレルの中には、3本のインナーバレルが内臓されていて
束ねた3丁のコッキングエアガンから発射されたように、3発のBB弾は威力も飛びも
安定して飛んでいきます。
そのかわり、ポンプアクションのコッキング自体は、それなりに重くて連射はしんどい。
コッキングエアガンなので仕方がない事ですが、本来の楽しみであるはずの
ポンプアクションが、気持ちよく楽しめないのは残念でした。

marui-m870-3.jpg

コッキングからガス化して得られた物


なのでショットガンのガス化は、待ちに待った出来事でしたねー。
システム的には、コッキングの物を継承していますが、今回は一度に発射するBB弾が
3発と6発に切り変え出きるすぐれ物。
外観もレシーバーに亜鉛ダイキャストが使われていたりと、質感も上々。
細身だけどズッシリとした重量感も雰囲気を盛り上げてくれます。
この辺りはコッキングタイプより、格段にグレードアップしましたねー。
マルイ製なので実射性能重視になる事は想像していましたが、
ライブカート式でない事が残念なほど見た目は、良くなりました。

marui-m870-4.jpg

で、早速一番気になるポンプアクションを・・・・・ジャッチン。
フォアエンドを引いて戻す操作は軽くスムーズ。ちと可動距離が短いか?
操作感と作動音は、マルゼン製のライブカート式M870の方が上かなあ。
まあカートレス式としては、良い音してると思います。

フォアエンドを引くたびにエジェクションポートのカバーが写真の様に
少し後退します。

marui-m870-5.jpg

通常電動ガンだと、ここにホップアップの調節ダイヤルがあるのですが
この銃のホップアップは固定式なので、ダイヤルはありません。
その代わりにBB弾の発射数の切り替えが、ここにあります。
銃身側にスライドさせると6発、ストック側にスライドさせると3発になります。
写真は3発の位置にあります。
カチッと僅かにスライドするだけで切り替え出来るなんて凄いなあ。

ただし、マガジンを装着した状態で切り替えると、すでにフォアエンドを引いた状態での
操作なので、切り替え直後の発射数は、切り替え前の設定数のままの発射になり
その次の発射から設定された数での発射になります。

marui-m870-6.jpg

M870の銃口を覗いて見ると、ずいぶん奥の方に3本のインナーバレルの
先端が見えます。
3つの穴は、マルイのショットガンでは、お馴染みの光景ですなー。
カメラのフラッシュで中が明るく見えてますが、実際は暗くて見えませんよ。
一応誤解のない様に・・・・・・・・・。

marui-m870-7.jpg

丁度箱にシヨットシェル型マガジンの絵が載せてあったので。
中は、こんな感じなんですねー。
ちなみに、従来のエアコッキング用シヨットシェル型マガジンも
M870に使用可です。

marui-m870-8.jpg

マガジンへのBB弾装てんは、付属のローダーを使用します。
写真の様に筒の部分にBB弾を30発入れておき、マガジンの装てん口に
筒先をあてがい、反対側からロッドで突いて、BB弾を押し出します。
シンプルな装置ですが、操作自体は難しくありません。



私の場合はマルイの電動ガン系等の、上からズボズボ入れるタイプの
マガジンには、「マルイ BBローダー」を使っています。
マガジンの装てん口にBBローダーをあてがって、ローダー上部のレバーを
押し下げるだけで、BB弾が装てん出きます。
クイッと一回押すと4発装てん出来るので、今回のショットシェル型マガジンだと
8回ほどクイッとすれば、フル装てんで着ます。

marui-m870-9.jpg

実銃だと、この部分からそのままグイッとショットシェルを押し込んで装てんするのですが
マルイの場合は矢印のリリースレバーをスライドすると、カバーが開くので
そこにショットシェルを装着します。

marui-m870-10.jpg

これがショットシェル型マガジンを装着した状態。
簡単にマガジンの装着の有無が確認出来るのは便利ですが
常に、そこにショットシェルが見えているのは、リアルか?と問われれば
リアルでは、ないですね。
まあ、実射・実用性重視のマルイ製という性質からすれば妥当な仕様かな。

marui-m870-10-2.jpg

また、マガジンチューブにショットシェル型マガジンを2つ収納する事ができます。
スプリングが内臓されているので、キャップを外すと、中のマガジンが
ボヨンっと出てきます。
ただネジ式のキャップを外すのに時間がかかるので、戦闘中の素早い
マガジン交換は無理ですね。

marui-m870-11.jpg

ガスタンクは大型で取り外しが出きる。
ストックのパットの矢印部分を両側から指で摘まんでやると、簡単にパット部分が
はずれ、ロックボタンを押してロック解除すればマガジンが外せます。

marui-m870-12.jpg

マウントレイル後端のリアサイトは、ネジどめのリングタイプ。
リング自体を回して緩めることで上下の狙点を修正します。
また、土台が左右に調整できます。
んー、ショットガンなのに豪華な装備ですな。
このリアサイト部分は取り外す事が出きるので、マウントレイルに
光学機器を取り付ける際に邪魔になる場合は、簡単に取り外せます。
マウントレイルもマイナス・ネジを取れば外せるので
シンプルなスタイルが好みな方は、良いかも。
ただしフロントサイトは残ってるので、中途半端かな?

marui-m870-13.jpg

フロントサイトもホワイト・ドット入りの立派な物が装着されています。
ショットガンといえど、狙えるよ・・・・とアピールしていますな。

marui-m870-14.jpg

で、折角マウントレイルが装備されているので、ドットサイトを取り付けてみました。
ショットガンの場合、オープンタイプが一番似合うかな。

marui-m870-15.jpg

セイフティはトリガー後部のボタン。写真はセイフティの状態でトリガーが
ロックされています。
こちら側からボタンを押せば、セイフティ解除。

実射


秋も深まり室温も20度位なので、ガスガンとしてはそろそろ実力を発揮しずらい
時期になってきました。
それでも3発発射だと、3発ともスーと素直に、あまり散らばらずに飛んでいきます。
躾けの良いマルイ製らしく、いかにもホップ掛けてます的な飛びではなく
あくまでフラットに飛んで行きます。
やはり少し初速は遅く感じますが、これで暖かい時期なら間違いなく実戦も
活躍しそう。
ショットガンだけに、続け様に撃ち合う場面だと電動ガンが有利でしょうから
先制攻撃で3ショット攻撃はいかがでしょう?
トリガーを引いたままポンピングすれば連続的に発射出きる、ラピットファイヤー
システムも搭載しているので、ある程度の連射も出来ますし。
6発発射にすると、さすがに飛びに衰えをかんじますが、極端ではありません。
12m位なら、散り方も3発発射の場合とさほど変わりませんし
ショットガンらしくドバッと弾が出る様は、圧巻です。
室内戦等で使えば、絶対楽しいですよ。
現在だと、6発発射が出きて、しかも使えるショットガンは他には無いでしょうし。

質感の向上とリアルな操作、片や場面によって3発・6発発射が切り替えられる
実戦で使えるエアガン作りの、マルイが出した妥協点がこのM870なのでしょう。

marui-m870-16.gif
12m 半径3.5cm刻みの円 0.2gBB弾 3発×6ショット


marui-m870-17.gif
12m 半径3.5cm刻みの円 0.2gBB弾 6発×4ショット


関連記事

マルゼン M1100 リヴィジョン




楽天市場でマルイM870タクティカルはこちら





ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー