マルゼン M870 ブラックバージョン - エアガンレビューなブログ

マルゼン M870 ブラックバージョン

 20091002_2744929.jpg

ポンプアクションガスガン

固定ホップアップシステム

全長   925mm

重量   2550g

装弾数  シェル4発 (シェル内BB弾1〜10発)

価格   24,990円 
20091002_2744930.jpg 


ガンマニアなら、一度はやってみたい、ショットガンの
コッキング。フォアグリップを引いて、戻してガッチャン。
映画等でよく目にしますねえ。
気持ちよくコッキングするには、コッキングが重くなっては
ダメなので、ガスガンを選択。その中でシェル式、そして
手に入れ易い物ということで、マルゼンを選択。
外観も、これぞショットガンの基本形って形だと
思いませんか? 
20091002_2744931.jpg 


外観の特徴としては、フォアグリップとストックは
マルゼンお得意の、グラスファイバー入りABS。
これって、嫌いな人も多いんではないかなー?
そんな方のために、ウォルナット製
フォアグリップ&ストックのゴージャスバージョンも
用意されております。
バレルやマガジンチューブは、まんまABS。
これって、多少塗装ぐらいしてくれてもよいのでは? 
20091002_2744932.jpg 


以外と、素直で切れが良いトリガー。
その後ろの、丸いボタンは、マニュアルセイフティです。 
20091002_2744933.jpg 


エジェクションポートとローディングゲートは
クロームシルバー仕上げが施されています。
まっ黒けっけなM870の、アクセントになっています。 
20091002_2744934.jpg 


ストック最後尾にパッドプレート一体型デタッチャブル
ガスタンクが装着されています。 
20091002_2744935.jpg 


シェルは、筒状の穴があり、ここにBB弾を込めます。
両端には、ゴムが施されているので
弾がこぼれ落ちる事は、ありません。
ちなみに、青色のシェルは、現行型で、
旧式は赤色をしています。 
20091002_2744936.jpg 


ローディングゲートから弾を込める、この瞬間も
やってみたかったシーンの一つ。
んー、何回やってもゾクゾクするー。 
20091002_2744937.jpg 


シェルが、引っかかるまで
グイッと奥まで押し込みます。 
20091002_2744938.jpg 


そして、フォアグリップを引きます。
エジェクションポートが開いてきますが
この時点では、まだアクションは無し。 
20091002_2744939.jpg 

この時点で、シェルが一発
マガジンチューブから出てきました。 
20091002_2744940.jpg 


そして、上に押し上げられます。
その後、シェルはチャンバー内に前進・・・・・・・・
と思ったら、チャンバーはありません。
シェルは、この状態で固定されます。 
20091002_2744941.jpg 


そして、ボルト・・・・・ではなく、ポートカバーが
前進して、シェルを包み込みます。

見た目には、シェルがチャンバーに
押し込められている様に見えます。 
20091002_2744942.jpg 


そして発射。
また、フォアグリップを引けば、シェルを排出
次弾装填となります。

実射

外観の仕上がり具合は、この際無視する事にします。
操作音は、私の思い描いていた音に近く
至福のひと時。
何回弾込めて排出した事か。(ガスもBB弾も無しで)
なんか、これだけで満足。
この銃だけ、モデルガンレビューという事にしようかな。
しかし、私はお座敷シューターなので
実射テストを敢行。

まずは、BB弾を3発込めたシェルを5発、発射。
7mでは、以外に散らばらないのですが
サイトが無いのと、この個体は狙点より左寄りに
着弾するのとで、的の中心を撃つのがなかなか難しい。 
20091002_2744943.jpg 

7m  半径2cm刻みの円 0.2gBB弾3×5発

次は、シェルにBB弾5発込めて発射。
BB弾は、5発位が限界でしょうか。
これ以上沢山込めて撃っても、発射はするけど
発射するだけ・・・な感じ。
超至近距離な戦いには、良いかも。

5発仕様でも、10m強位が、実用射程でしょう。
とは、お座敷シューターの見解。 
20091002_2744944.jpg 

7m  半径2cm刻みの円 0.2gBB弾5×5発

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー