マルイ 電動ハンドガン&SMG - エアガンレビューなブログ

マルイ電動ハンドガン グロック18c

20091002_2744608.jpg

電動エアガン

可変ホップアップシステム

全長   201mm

重量   678g(バッテリー含む)

装弾数  30発

価格   15、800円

20091002_2744609.jpg

2004年12月に18才以上用電動ハンドガンという新しい
ジャンルとして発売されたグロック18ですが
私自身なかなか興味が沸きませんでした。
ネット上のレビューされているサイトを観てみると
初速が遅いとか、電動ゆえに撃ちごたえが無いとか
レポートされてましたから。
しかし、立派なマシンピストル中毒患者に成長した私は
とうとう、ここまで触手が伸びてまいりました。
もし、これがフルオートで無かったら購入しなかったでしょう。
私の様なマシンピストル信者やサバイバルゲイマーの皆さん
にとってオールシーズン使えるマシンピストルは貴重な存在
では、ないでしょうか。
同じジャンルでベレッタM93Rも発売されていますが
個人的にグロック18の大きさが手にシックリくるので
こちらにしました。

20091002_2744610.jpg

で、第一印象は最新ガスブロのグロック17と比較しても
遜色ない質感で悪くはないです。スライドの仕上げは
KSC製と比べれば、つるっとした艶消しタイプとでも言いましょうか。マルイのグロック系はこの路線でいってますね。
まあ、チャンバーはスライドと一体成型ですし、マガジンは、薄っぺらい形だしリアリティーに欠ける部分もありますが
これだけのメカを内蔵しているのだから、しかたがない
ところですね。
固定スライドのガンは、いじって遊べないので
さっそく実射の準備を始めましょう。
バッテリーはスライドを外して入れます。
スライドの後部を押すとロックが外れてスッとスライドが
開きます。

20091002_2744612.jpg

専用のバッテリーはアウターバレルとフレームの隙間に
差し込むだけで簡単に装着できます。
バッテリーの充電時間は約一時間です。

20091002_2744613.jpg

バッテリーを外す時は上の写真の真ん中あたりにある
四角いレバーを引くと、反対側からムニュっと出ます。
隣の円盤状の物はホップ調節ダイヤルです。


20091002_2744614.jpg

せっかくなのでプロサイトとプロサイレンサーを付けてみました。
アタッチメントマウントレイルをスライドに装着する時にフロント&リアサイトをドライバーで取り外さないと
いけないのが、少し面倒ですね。しかもスライドを擦りそうになるので神経使います。
まあ、その代わりがっちりと固定されるので、安定感がありますが。

20091002_2744615.jpg

実射
いやー、スナイパーっぽくて良いですねー。
サイレンサーも、多少耳ざわりな発射音を少し
緩和してくれて、気分は上々。
ドットサイトのおかげで、サイティングも素早くできます。
しかも、びっくりの集弾性を見せてくれました

20091002_2744616.jpg
7m   半径2cm刻みの円


予想以上の結果に気を良くした私は
12mからテストしてみることにしました。
ドッドサイトをスコープに取り換えて
微調整して、まずセミオートから。
んー電動長物と同レベルの集弾性。

20091002_2744617.jpg
セミオート 12m   半径2cm刻みの円


次にフルオートとで10発。
で、またまたびっくりの結果。
全然散らばってません。すごすぎるー。
すごい物を作りましたね、マルイさん。

20091002_2744618.jpg
フルオート12m   半径2cm刻みの円

 



楽天市場----東京マルイ グロック18C    

ヤフーショッピング----東京マルイ グロック18C
 



マルイ電動ハンドガン-H&K USP

conv00132.jpg

電動エアガン

可変ホップアップシステム

全長    194mm

重量    702g(バッテリー含む)

装弾数   30発

価格    18,690円 (フルセット)


conv000440.jpg

ついに出ました、マルイの電動ハンドガン第3弾。
しかし以外や以外のUSPで出てきました。
何が以外かって、前の2丁はマシンピストルの代名詞
と言える銃でしたから、フルオートとは無縁のUSPは
やっぱり以外でしょう。
だって、これがOKだったら何でもOKになってしまうしぃ。
まあ、フルオート中毒の私にとっては何でも嬉しい
かぎりなんですけれども。
んー、でもチョット考えたらUSPって妥当だったのかも
しれません。ベレッタ93Rは、デザイン的にちょっと古い
感じがするしグロック18より少し大きくてガッシリした
現代的で有名な銃となるとね。
個人的には、一回り小さいクーガーあたりも好きなんです
けれども。

conv000150.jpg

実際手に取ってみると、なかなかバランスが良く好感触。
金属製のマガジンと駆動系がグリップ部分に在る
せいでしょうね。
スライドの仕上げは、あいも変わらず艶消しで
キズが目立ち易いと思います。
全体的には固定スライドという事もあり、カッチリとした
出来で銃口を覗くと精度の良さそうなインナーバレル
が光ってます。
いかにも電動ハンドカン的マガジンも金属製だと変に
高級感が。それをスルスルっとグリップに差し込めば
発射OK。

conv000242.jpg

セミ、フルの切り替えはセーフティレバーでおこないます。
写真の様に30の数字が見える位置でフルオートになります。
切り替えはグリップしている右手の親指で楽に操作出来る
位置にレバーがあるので、とても便利。

conv000720.jpg

金色に見えているのがバッテリー。
反対側から差込みます。
ただ差し込むだけって言うのが簡単で良いですよねー。
ホップアップも丸いレバーを回すだけで調整できます。
隣にある四角いレバーを手前に引けば
バッテリーがニョニョっと反対側に出てきて外れます。
USPのバッテリーは従来のニカドからニッケル水素に
変わっています。
これによってフルオートが秒間15発から17発にアップ
しています。
まあ、これが私の購入動機の一つなのです。
ちなみに、このバッテリーはG18や93Rにも使えますし
従来のニカドもUSPに使えます。
早い話が、互換性があります。

conv00108.jpg

で、フル装備にすると上の様になります。
USP用マズルアダプターのレイル部分が、やたら
短いのが大不満。
これじゃあ、NEWプロサイトの様な一本足のサイトしか
取り付けできません。
と言うことで、今回の実射テストは7m止まりです。
12mはスコープじゃあないと正確に狙えないもので。

conv000910.jpg

半径2cm刻みの円に、7mから10発撃ちました。
実射性能に関しては、従来通りの素晴らしさ。電動ガンを理解している人には超お勧めの一丁。
四季を通じて、何の不安もなくフルオートで全弾撃ち尽くすなんで、電動だから成せる技ですから。
しかも集弾性もピカイチ。
逆に、撃ち応えを楽しむコレクターの方には、全く不向きな銃。
でも、この性能の良さを体感するだけでも、購入する価値が有るのでは?
最新電動ハンドガンの実力を実感している私です。





楽天市場----東京マルイ H&K USP      

ヤフーショッピング----東京マルイ H&K USP