KSC その他 (2) - エアガンレビューなブログ

KSC M93R-2 07HK

93r-07-1.JPG

ブローバックガスガン (セミ・バースト・フル)

可変ホップアップシステム

全長   248mm

重量   1,040g

装弾数  32発

価格   22,050円


93r-07-2.JPG

いやー、久しぶりにビックリしました。
私は、M93R-2は、生まれながらにしてハードキックだと
思い込んでいました。
それは、前バージョンのAGシリーズが
ハードキック化された後、互換性の無い
新しいバージョンとして登場し
前ハードキックモデルを凌ぐ、鋭く安定感のある
ブローバックを見せていたから。
勿論、どこにもハードキックの文字は、有りませんでしたが
標準装備なので、書いて無いんだろうと思ってました。
そう思わせるだけの、ビシッと鋭く重いリコイルショックを
持っていましたから。


93r-07-3.JPG

なので、KSCのカタログページで「ついにハードキック化」の
文字を見てびっくり。しかも、進化した07系エンジンの
ハードキックとは。
今以上凄いブローバックになるのか?と、久しぶりに
興奮しました。
未だにフルオート中毒の私ですし。


93r-07-4.JPG

システム7にバージョンアップして、大きく変わったのは
マガジンでしょう。
リアル重視の、スチールプレス製マガジンケースに
覆われた物から、性能重視の亜鉛ダイキャスト製一体型
に変更されています。
これは、KSC全体的な流れで、今の所、システム7に
移行したモデルは、全て一体型になっています。
性能重視は、嬉しい限りですが、M93Rの場合は
マガジンがグリップから、はみ出した格好なので
マガジンフォロアーの溝が見えてしまうので
見た目が、イマイチになります。
あとは、外観的に変更は、無いようです。
セレクターのフルオート位置は、今まで通り
無印ですし。(実銃は、フルオートが無いので。)


93r-07-5.JPG

リアサイトは、溝の両脇ではなく、溝の下位置に
ホワイトが塗られているタイプ。
細身のスライドには、しっかりセレイションが彫られて
ますが、私は、どうも台形の形をしたスライドが
摘み難くて苦手です。
手が滑るほどでは、ありませんが、しっかり摘めません。
私だけ?


93r-07-6.JPG

M93Rのフォアグリップって、良く考えられて作られてるなー
と思います。凄く握りやすいです。
剛性感もあって、しっかりグリップできます。
3ショットバーストや、フルオート時には必需品ですねー。


93r-07-7.JPG

フルオートを堪能するなら、やはりロングマガジンは
欠かせません。
通常のマガジンとは、安定性が格段に違います。
今、一番トリガーハッピーになれるマシンピストルは
M93R-07HKプラス、ロングマガジンと断言出来ます。

ただし、ロングマガジンも、またまた前バージョンと
互換性が無いので、前バージョンのロングマガジンを
持っている人も、新たに買い足さないといけません。


93r-07-8.JPG

ブローバックエンジンは、マグネシュウム素材で、
軽量化されています。
やはり、システム7のコンセプ゜トは、ブローバックの
高速化ですね。
ホップアップは、専用レンチで調節します。
スライドを分解せずに調節出来るので、便利です。
あと、マガジンリップが金属製なので、よく見ると
小さなBB弾の削れカスが内部に付着しているので
たまには、分解して掃除をした方が良いかもしれません。

実射

やはり、07ハードキックは凄いです。
ブローバックの回転スピードが、半端じゃあない。
タッタッタッと気持ちよく撃てます。
集弾性も安定しています。


93r-07-9.JPG
7m 半径2cm刻みの円 セミオート 10発


AGシリーズM93Rの時代から、私と3ショットバーストの
相性が悪くて、いつも三発目は、大はずれ。
なので今回は、フォアグリップをしっかり握って
頑張りました。
でも、これくらいです。
一発目は、狙い通り。二発目は、やや上に、三発目は
かなり上に、着弾。
三回撃って、全て同じパターンです。


93r-07-10.JPG
7m 半径2cm刻みの円 3ショットバースト3×3発


適正温度下でのフルオートは、凄いの一言。
ロングマガジンを使ってのフルオートは
まさに弾ける様なブローバックが五感を刺激します。
同じKSCの、G18+ロングマガジンのフルオートも
気持ちがいいですが、さらにブローバックの質が
良くなった感じで、安定性も向上してますねー。
ガスブロフルオートファンの方には、絶対お勧めです。

93r-07-11.JPG
7m 半径2cm刻みの円 フルオート 20発





KSC オート9-C

20091002_2745210.jpg

ブローバックガスガン (セミ/フル)

可変ホップアップシステム

全長   370mm

重量   1,095g

装弾数  38発

価格   18,690円 (税込み)


20091002_2745211.jpg


1987年の映画 「ロボコップ」の中で、ロボコップが
撃ちまくっていた銃が、このオート9。
映画のヒットと共に、エアガンメーカーも
実銃には存在しないステージガン、オート9を
製品化しました。
その中でも、映画の中で頻繁に出てきたバースト射撃を
味わえるのが、KSCのオート9なのです。(別売パーツ必要)

20091002_2745212.jpg

オート9のベースになっているのは、ベレッタM93Rですが
KSCのオート9の最後に付いている文字、Cは
コストパフォーマンスの C です。
ブローバックエンジン、システム7が搭載された
M93R-2シリーズの、一世代前に AGシリーズが
ありますが、AGシリーズの廉価モデルが Cシリーズです。
その特徴は、実射性能は落とさずに、外観などに手間を
かけずに、コストを抑えたところ。
なので、このオート9も外観の仕上げもそれなりで
刻印も、殆どありません。パーティングラインもそのまま。


20091002_2745213.jpg

そこまで、やるか!!と思ったのが、セレクターの印部分。
白の色が入っていません。
徹底していると言えば、そうなんですが
そこ位、色入れてよーと、個人的には、思います。
AGシリーズでは、標準装備の、3ショットバーストも
除かれていて、バーストを復活させるには
定価1,000円ほどの、別売パーツが必要になります。
まあ、フルオートが出来れば十分と言う人には
必要ないですが。


20091002_2745214.jpg

巨大なリアサイトやフロントサイトにも、色入れは無し。
ほんとに、真っ黒な銃になっています。


20091002_2745215.jpg

グリップは、表面が平らでツルツルなので
持ち難そうですが、中指と薬指が、グリップの細い部分
に丁度はまるので、以外としっかり握れます。


20091002_2745216.jpg


マガジンはAGシリーズと共用の38連タイプ。
スチールプレスマガジンケースに覆われたリアルタイプ。


20091002_2745217.jpg


オート9の最大の特徴といえる大型スタビライザー。
ほんとに大きくて、というか長くて取り扱いに困ります。
ロボコップが持っていると、さほど大きく感じませんが
実際持ってみると、笑えるほど大きいです。
どないせえっちゅーねん?と、突っ込みたくなります。
このスタビライザーは、普通のM93Rだと
フオァグリップが装着されている部分に、ピン一つで
固定されているだけなので、ちょっとしっかり感に欠けます。


20091002_2745218.jpg

ピンを一つ抜いて、スタビライザーを外せば
あとは、通常のM93Rと同じ分解方法です。
スタビライザーは長いですが
インナーバレルは、そんなに長くはありませんね。

実射

ブローバックに関しては、一つ古いモデルだけに
現行モデル、とくに07バードキックとは、比べ物に
なりませんが、回転スピードは、結構速く
安定感があるのか、いつもは、散らばる3ショットバースト
も、比較的纏まっています。
もちろん、セミオートの集弾性も良いですね。


20091002_2745219.jpg
7m 半径2cm刻みの円 セミオート10発


見た目は、巨大なスタビライザーですが、プラ製なので
以外と重くなく、片手撃ちでも苦になりません。
逆に、適度な重さが安定感を生んでいる様です。
なので、実戦向き・・・・と言いたいですが
やはり、大きすぎます。

20091002_2745220.jpg

7m 半径2cm刻みの円 バースト12発

コストダウンの影響で、仕上げは、イマイチですが
比較的安価にフルオートガスブローバックが
楽しめるのですから、嬉しいですね。
みなさんも、お座敷ロボコップになりましょう。
って、もう古いですな、ロボコップって。


20091002_2745221.jpg
7m 半径2cm刻みの円 フルオート10発


KSC M945 コンパクトシルバー

20091002_2744629.jpg

ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   178mm

重量   695g

装弾数  11発

価格   21,000円 (税込み)

20091002_2744630.jpg 

20091002_2744631.jpg

KSCは、同じ銃で、バリエーションを多く出すメーカーですが
このM945も、今の所12種類出ています。
その中で、私が気に入っているのがコンパクトシルバーモデルです。
サイズ的には、フルサイズモデルより、全長で43mm、全高で18mm
ほど小型化されています。が、スタイルは全く別物に思えます。
その最大の違いは、フルサイズモデルには有る、軽量化のための
スライド両側の段差加工が、無いこと。
まあ、この段差加工と、珍しい、スケイルドセレイションと言う
ウロコ状滑り止め溝が、M945の特徴なので
その一つが無いと、普通っぽくなってしまいがちですが
このコンパクトシルバーモデルは、エレガントで美しく
私は、悩殺(表現が古い)されてしまいました。
KSCのヘアライン加工等、仕上げも最高に素晴らしい。

20091002_2744632.jpg 

20091002_2744633.jpg 

20091002_2744635.jpg
んー、何処から見ても美しい。トリガーガード回りも良いですねー。
マガジンも、ヘアライン処理されたステンレス製プレス加工の
マガジンケースで覆われていて、まさに死角なしです。
実銃がシングルカラムマガジン(単列弾倉)なので、グリップは細く
手にピタッと収まります。握り易さで言えば、グロック26より
全然良し。しかしピッタリ感では、USPコンパクトに少し負けた感じ。
USPコンパクトの方が、幾分ギュッと握れます。
が、それは微々たる差で、グリップ感は非常に良いです。
スライドを引いて放した時の、操作感や操作音も
金属感が有って、満足。
この点では、同じKSCの、グロックやUSP等と比べても
断然トップの出来ですねー。

20091002_2744634.jpg

ハンマー、シアーそれにディスコネクターに焼結成形金属を採用していて
トリガーを引いた時の感触は、絶品。
全く癖がなく、スッとハンマーが落ちる。ですがフェザータッチと言うほど
軽い訳ではなく、適度な重さは、あります。
その辺りのバランスが、絶妙というわけです。

射撃音は、比較的静かな方だと思いますが、ブローバックは
ハードキックエクセレント仕様なので、ガツンと重いリコイルショックを
楽しめます。



実射
一年でも、一番寒い時期にガスブローバックのテストを
するのは、酷ですが、仕方ありません。
実際、室内でのテストとはいっても、結構寒いです。
なので、実力をどれ位出せたかは、わかりませんが
銃身が短いわりには、まあまあの集弾性だと思います。
マガジンを手で温めてからの射撃でしたが
途中、ジャム(装填不良)も無く、安定して撃てました。

20091002_2744636.jpg
7m  半径2cm刻みの円  0.25gBB弾使用


楽天市場=KSC M945 一覧

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。