マルイ LIGHT PRO - エアガンレビューなブログ

東京マルイ LIGHT PROシリーズ M4 CQB 10才以上用電動ガン

 

marui-lightpro-m4-1.jpg

電動ガン 1/1スケール10才以上用

可変ホップアップシステム

全長   690mm/775mm(ストック伸長時)

重量   1,500g

装弾数  340発

電源   単3アルカリ電池5本

価格   15,540円 (税込み)

marui-lightpro-m4-2.jpg

マルイの10才以上用電動ライフルとサブマシンガンは、電動ガンBOYsシリーズが
あります。
子供の体格に合わせて、大きさが実銃の8割程度に縮小されていますが
威力は規制値ギリギリで、秒間15発のフルオートなど10才以上用エアガンの
フラッグシップ的存在です。

ただBOYsシリーズで残念な点の一つは、マウントレイルも実物の20mm巾から
18mm巾に縮小されているので、市販されている光学機器等が装着出来ないこと。
最近BOYs用のスコープが発売されましたが、低価格仕様だったので
手持ちのドットサイトとか装着出来たらなぁーと思ってる方も多いはず。

今回新シリーズとして登場したのは、1/1スケールの10才以上用電動ガン。
リアルサイズになっただけではなく、新たな試みも盛り込まれているみたいなので
楽しみです。
新しいLIGHT PROシリーズの第1弾は、M4 CQBです。
因みに第2弾は、MP5みたいです。

早速M4を持ってみると、BOYsのM4より重いものの
やはり軽く、そのお蔭で小ぶりに感じてしまうのですが、1/1スケールなんですよねー。
本体は細かいシボ加工で、プラスチックの安っぽさを消しています。 

marui-lightpro-m4-3.jpg

ちとウエスタンアームズ製M4 R.I.Sと比べてみました。
上がマルイ。んー、確かに 1/1スケールですな。

marui-lightpro-m4-4.jpg

10才以上用電動ガンだけに、動かない部分も多いのですが
さすがマルイさん、実際さわって確認しないと分からないです。

で、@ エジェクション・ホートカバーはモールドです。
A ボルトフォワード・アシストは別パーツですが可動しません。
B ウインテージ・ダイヤルはモールドです。
C エベレーションダイヤルは別パーツで、カチカチ感ありで可動しますが
機能はありません。

marui-lightpro-m4-5.jpg

キャリングハンドルは脱着可能ですが、実銃でキャリングハンドルを
固定しているインターフェイス・ノブは別パーツで可動しますが、機能はありません。
キャリングハンドル先端のレバーを上にスライドさせるとロックが解除されるので
そのまま後方に引き抜きます。
その時チャージング・ハンドルと干渉するので、チャージング・ハンドルも
引きながら、キャリングハンドルを多少強引に引き抜きます。

marui-lightpro-m4-6.jpg

すると上面には、超ロングなマウントレイルが出現します。
しかし私は、たいして乗せる物が無いので、取り合えずホロサイトを。
サイドレイルには、フラッシュライトを装着してみました。
まあ、これ位の軽装の方が良いんじゃあないでしょうかね?

marui-lightpro-m4-7.jpg

リアサイトはビープホール式の精密射撃用とフルオート用に切り替え出来ます。
フルオート用はオープンタイプですが、溝が深くえらいアバウト。

marui-lightpro-m4-8.jpg

レシーバーと同様にシボ加工されたストック。その後端はラバーで
質感は良いですね。
ストックは6段階固定式。写真の様にストックリリースレバーを押して
スライドさせます。

marui-lightpro-m4-9.jpg

電動ガンBOYsシリーズと違い、電池はストックに収納されています。
写真の左右にある爪を内側におしながら、ストックのラバー部分を後方に
引くとバッテリーケースが出てきます。

marui-lightpro-m4-10.jpg


単3アルカリ電池を左右に3本と2本、合計5本使用します。
なぜBOYsシリーズと同様の6本にしなかったのかは不明。
本体とバッテリーケースはコネクターで繋がっているので、バッテリーを
装着する時には、コネクターを外します。

その時ストックを伸ばしたままだと、コードがピーンと張っているので
バッテリーケースを外す時には、ストックを縮めておきます。

marui-lightpro-m4-11.jpg


エジェクション・ポートの前方にホップアップ調節ダイヤルがあります。
BOYsシリーズのスライド式よりは使い易いですが、大きく「+⇔−」と書かれて
あって、実用的ですが・・・・ちと字が大きすぎません?

marui-lightpro-m4-12.jpg


マガジンは多弾タイプマガジンで、装弾数は340発。BOYsのM4マガジン140発より
圧倒的に多い。
BB弾の装てんは、上部のフタを開けてBB弾をジャラジャラと流し込みます。
フタを閉めてからマガジン底のダイヤル式ゼンマイを巻けば完了。
マガジンもフルサイズなので、ダイヤルを回すのもBOYs用より
楽な感じがしますねー。

marui-lightpro-m4-13.jpg


このLIGHT PRO M4には、BOYsシリーズには無い機能が追加されました。
それは手動でコッキングして撃てる機能です。
セレクターがSAFE以外の位置にある時に、チャージング・ハンドルを引いて
コッキングすれば、そのまま1発撃つ事が出来ます。

たとえ電池が装着されていても、コッキングして1発撃てます。
もう一度トリガーを引けば、セレクターがSEMIの位置なら電動で1発
AUTOの位置ならフルオートで撃ち続けます。

コッキング自体は10才以上用という事もあり、スムーズで軽い。
まあ、構造的に連続発射的な操作はやり難いですが、それはM4だから
しかたがない。

実射

大人からすれば、アサルトライフルM4本来の大きさなので、BOYsよりは
窮屈な姿勢にならず良いです。

LIGHT PRO M4の大きな変化は、今までの10才以上用電動ガンには
必ず装備されていたグリップ・セイフティが無い事。
これって安全性の上でどうなんでしょ。
物理的に電気スイッチが無くなった分、故障因子が1つ減ったとも言えますね。
見た目にもリアルになりましたが・・・・。

撃った感じはBOYsシリーズを受け継いでます。
集弾性も今までと同一レベル。ただしホップに多少ムラがある場面も。
着弾が少し縦にぶれる時もありますねー。
綺麗に纏ってる時もあるし、んーやはりホップの関係でしょうか?
ホップパッキンが馴染めば安定するかも。

フルオートは圧巻の一言。装弾数340発は凄い。
もう撃ちまくりです。


marui-lightpro-m4-14.gif
距離7m 半径2cm刻みの円 0.12gBB弾 セミオート10発

marui-lightpro-m4-15.jpg
距離7m 半径2cm刻みの円 0.12gBB弾 フルオート

marui-lightpro-m4-16.jpg

電池がBOYsシリーズより1本少ない5本と言う事で、気になるので
計測してみました。

単3アルカリ電池は、100円ショップの6本入りの物を使用。
体感的には、フルオートもBOYsシリーズと変わらないと感じましたが
数値的には秒間12発程度と、秒間14〜15発のBOYsよりは遅い結果に。
初速はBOYsと同程度の、平均42.87m/sでした。

まあ、BOYsシリーズがあるのに、1/1スケールモデルが登場したのは
やはりそれだけ要望があったのでしょうか?
おじさん的には大歓迎ですが・・・・。

巷に沢山出回っている光学機器やアクセサリー類が装着できるのは
ありがたいし、装弾数が多くて戦闘力も高い。
電池が無い場合も撃てますし。

ただBOYsシリーズから言えば、かなり価格が上昇しています。

LIGHT PROシリーズの付加価値をBOYsシリーズと天秤にかけて
選ばないといけませんねー。







楽天市場での最安値はこちら

東京マルイ 電動ガンLIGHT PRO M4 CQB

----現在の最安値検索結果はこちら----
Yahoo!ショッピングでの最安値はこちら

東京マルイ 電動ガンLIGHT PRO M4 CQB

----現在の最安値検索結果はこちら----
アマゾンの商品検索結果はこちら

M4 CQB (10歳以上電動ガン ライト・プロ)

¥ 11,504 通常配送無料




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。