タナカ - エアガンレビューなブログ

タナカ ルガーP08 8インチ ヘビーウエイト

 
20091002_2745780.jpg
ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   320mm

重量   710g

装弾数  12発

価格   25,725円 (税込み) 
20091002_2745781.jpg 


1906年、ドイツ軍に採用されたP06は、コルト・ガバメントの
様なグリップセイフティを装備していました。
そして、1908年そのグリップセイフティを取り除いたP08が
ドイツ陸軍に採用されました。
バリエーションとしては、通常モデルの銃身が4インチの
モデル、海軍で使われた6インチモデル
それから今回の、砲兵モデルの8インチ、12インチのカービン
もあるらしい。 

20091002_2745782.jpg 


8インチモデルの特徴として、4、6インチと違って
リアサイトに、タンジェントサイトが採用されています。
これは、遠距離の標的でも、リアサイトを上方に移動させて
照準出来る様にされた物。
目盛りには、1〜8の数字があるので、100〜800mと
いうことでしょう。
P08は、全てのモデルのグリップ背面に
ストック取り付け用のマウントがあるので
木製ストックを付けて、遠射の雰囲気を楽しむのも
良いでしょう。 

20091002_2745783.jpg 


しかし、このリアサイトは、銃身の根元にあるので
サイティングすると、少し距離感を覚えます。
まあ、写真に撮ると少しオーバーに写りますが・・・。 
20091002_2745784.jpg 


で、タナカ製P08ですが、初めて持ったABSモデルでは
想像以上の軽い持ち心地にガッカリしたので
このヘビーウエイトモデルには、大いに期待しました。
結果的には、銃身が長くて重い分がプラスされてて
そこそこですが、期待程では無かったという印象ですが
外観の仕上げは、ABSモデルより暗めで
重量感があって、とても良いです。 
20091002_2745785.jpg 


ブローバックガスガン唯一のトグルアクションは
ショートリコイルからの一連の作動が大変スムーズ。
初弾装てん操作も、滑らかでとても感じが良い。 
20091002_2745786.jpg 


フレームのパーティングライン(貼り合わせ痕)は
完璧に消されて綺麗なんですが
トリガーまで、気が回らなかったのか
三日月形のトリガーには、縦にクッキリ筋が・・・。 
20091002_2745787.jpg 


初めは、長いなーと思っていた8インチですが、慣れると
逆に、4インチが可愛らしく見えてきます。
フロントサイトは、4インチモデルと比べると
背が高くなっています。 

20091002_2745788.jpg 


タナカ製P08を所有していて、マガジンからのガス漏れに
泣かされている人は、多いんじゃあないでしょうか ?
後期タイプは、多少改善されたと聞きましたが
私の手元にある物は、多かれ少なかれ、全て漏れてます。
今回のマガジンも、ガスの注入バルブ辺りから
僅かながら漏れています。
まあ、ガスを入れてからすぐに撃つ分には、全く
問題ないレベルなので、放置プレイですが・・・・。 

20091002_2745789.jpg 


初めての分解は、恐る恐るでしたが
トグルも、ピン一つで簡単に外せるので
事の他、スムーズに分解出来ました。 
20091002_2745790.jpg 


ホップアップの調整は、
レシーバー(エクステンション・グループと言うらしい)を
外して、チャンバー底部に六角レンチを挿して
行うので、毎回だとちょっと、めんどくさい。

実射

トグルアクションの作動性は、精密機械が確実に
動いている様な滑らかさで、文句なし。
ただし、リコイルショックは弱いです。銃の機関部が
元気に動いていると言った、感覚でしかない。
無論マグナブローバックなので、作動は力強いですがね。
あと、全弾撃ち尽くしたときの、ホールドオープンが
確実性に欠けますねー。マガジン内のガス圧低下など
ちょっとした加減で、ホールドオープンしてくれません。
集弾性は、ロングバレルだけあって、抜群ですねえ。
これで、装弾数が倍ぐらいだったらなー。 
20091002_2745791.jpg 

7m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 10発




楽天市場のショップ・ページはこちらから
↓↓      ↓↓
タナカ GAS-BLK : ルガーP08 8in /HW-BK

激安 ハンドガン アメリカンウォールナットグリップ
タナカワークス ガスブローバック ルガーP08...



タナカワークス S&W M29 44MAGNUM 6.5インチ ミッドナイト・ゴールド

tanaka-m29-6.5mg-1.jpg

 

リボルバーガスガン

固定ホップアップシステム

全長   305mm

重量   770g

装弾数  14発

価格   22,050円 (税込み)

 

tanaka-m29-6.5mg-2.jpg

 

スミス&ウエッソン M29は、映画ダーティハリーで
主役のハリー・キャラハン刑事の愛用銃として一躍
世界的に有名になった、44マグナム弾を使用する
当時世界最強のハンドガンです。

tanaka-m29-6.5mg-3.jpg

 

グリッブ内部にガスタンクを備え、BB弾を込めた
カートリッジをシリンダーに装てんして撃つ・・・・・・という
従来のリボルバータイプガスガンのスタイルを
大胆に変えてしまったのが、タナカワークスの
ペガサスシステムです。
カートリッジをシリンダーに装てんする・・・・・・・・・・
リボルバーファンにとっては、リアリティを体感する至極の
儀式をあえて無くし、シリンダーにBB弾のマガジンと
ガスタンクを、装備したシステムなのです。

tanaka-m29-6.5mg-4.jpg

 

このシステムの恩恵は、実射性能の安定化、多弾数化
それと、リアルな内部構造ですかな。
これを見れば、誰もがモデルガンだと思うでしょう。
ほんとに、ガスガンとは思えないリアリティです。

tanaka-m29-6.5mg-5.jpg

 

 また、タナカワークス製エアガンは、仕上げ塗装の
バリエーションが多いんです。
特に異様(失礼)なのが、このミッドナイトゴールド。
金属っぽくて赤紫が混じった様な色なんですけど
光の当たり加減で、色んな色に変化します。
なんとも魅惑的な仕上げなんですが、飛び切り写真に
撮り難いんですねー、苦労しました。

ただ、バレルやフレームのプラスチック部分と
シリンダーや、フレームのサイドプレートの金属パーツとの
質感の違いが気になります。
どのメーカーのどんな製品でも、多少の違いはありますが
ちょっと差が・・・なんとも。
これも、特殊な塗装のせいなのでしょうが・・・。

tanaka-m29-6.5mg-6.jpg

 

シリンダーをスイングアウトさせると、ダミーカートが
見えます。その中の一つに、GASと書かれて穴の開いた
部分があります。
その穴を、ガス注入バルブがある位置まで
シリンダーを回転させて合わせます。

つまり、シリンダーの外側は回転しますが
内部は固定されていて、回転しない様になっています。

写真は、その位置に合わせたところです。

 tanaka-m29-6.5mg-7anime.gif

 

本体が細いガス缶だと、銃本体と干渉しないので
そのままバルブに差し込んで、ガスを注入出来ますが
普通のガス缶だと、銃に当たってしまうので
付属のチャージアダプターを、ガス缶の軸に装着して
ガスを注入します。


写真では、撮影のために横向きにしていますが
実際にガスを注入する時は、銃を下向きにして
行います。

 

tanaka-m29-6.5mg-8.jpg

 

BB弾の装てんは、まず内臓マガジンに専用のローダーで
9発装てんします。
写真の位置にマガジンがあるのですが、ローダーと
シリンダーヨークが干渉してしまうので、ローダーを
垂直にして装てん出来ません。ちょっと斜めな感じに
なるので、違和感があります。要改良な部分ですねー。

その後、残りの5個の穴にBB弾を装着します。

 

tanaka-m29-6.5mg-9anime.gif

 

で、BB弾を装てんし終わると、こんな感じになります。
白いBB弾は、結構目立ってしまうので
色付きのBB弾も良いかもしれませんねー。

tanaka-m29-6.5mg-10.jpg

 

リアサイトは、上下・左右調節可能な
フルアジャスタブルタイプ。
カチカチカチと、小型のマイナスドライバーで
調節します。

 

tanaka-m29-6.5mg-11.jpg

 

シリンダーをスイングアウトする時には、サムピースを
前方に押して、シリンダーのロックを解除しますが
逆に、後方に引くと銃の作動をロックする事が出来ます。
つまり、サムピースがマニュアルセイフティになっていて
ハンマーが落ちている状態の時のみ、セイフティを
掛けることが出来ます。

 

tanaka-m29-6.5mg-12anime.gif

 

ハンマーを起こすと、ちゃんとハンマーノーズが見えます。
実銃では、これがカートリッジのお尻を叩いて発火させる
訳ですが、タナカの場合、フレームにハンマーノーズが
通る穴は開いていません。
トリガーを引いてハンマーが落ちると
ハンマーノーズが引っ込む様になっています。

 

tanaka-m29-6.5mg-13.jpg

 

ダーティハリーを見て育った私にとって、グリップといえば
この形。他の物は、有り得ません。
と言っても、実際握ってみると下にいくほど広がっていて
五指でしっかり握れるという感触では、無いですな。

タナカ製M29の外観は、綺麗に仕上げられていて
バレルやフレームのパーティングライン(張り合わせ痕)も
有りません。
トリガーは、セレイション(滑り止め溝)入りの幅広タイプ。
なんと、トリガーガードより広いです。
こんなに広かったっけか?

tanaka-m29-6.5mg-14anime.gif

 

うお〜!!!ハリーごめんなさい。ちょっとグリップ変えて
みちゃいました。
という事で、Nフレーム用アルタモントグリップを装着。
実銃同様に、グリップ部分のフレームには
ハンマースプリングしかないので、規格さえ合えば
様々なグリップを装着可能です。
このアルタモントグリップも、ノーマルグリップより
幅が薄くて、非常に握り易い形状をしています。

実射

シングルアクションにしろ、ダブルアクションにしろ
作動は、極めて滑らかでスムーズ。
さすがにダブルアクションは、シリンダーを回転させながら
なので、トリガープルに少し重さを感じますがね。
シングルアクションで、ハンマーをコックした時の
シリンダーのガタツキの無さは、特筆もの。
全体的に、しっかりした作りの良さを感じます。

固定ホップアップですが、調整が微妙で神経質な、
タナカ・リボルバーの可変ホップより、迷い無くスッキリ
撃てて、好感触です。
集弾性も、たまに大きく外れますが、結構まとまってる
と思います。

 

今回は、内臓マガジンは使わずに、6発を2回行いました。

 

tanaka-m29-6.5mg-15anime.gif

7m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾
     シングルアクション 6×2ショット

 

しっかり構えて撃っているつもりでも、ダブルアクションでは
トリガープルで、右に引っ張られているんですなー。
まだまだ未熟です。

タナカ製のリボルバーって、集弾性的には結構当たり
ハズレがあって、何時もドキドキなんですが
今回のM29は、まともに撃てました。

カートリッジを使わないペガサスシステムに納得できるなら
作りも良いし、コレクターアイテムとしてベストかも。
ただ、仕上げ塗装は、よく選んでからに・・・・・・。

 

tanaka-m29-6.5mg-16.JPG

7m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾
     ダブルアクション 6×2ショット








広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。