ウエスタンアームズ - エアガンレビューなブログ

ウエスタンアームズ V10ウルトラコンパクト 07

20091002_2745852.jpg

ブローバックガスガン

固定ホップアップシステム

全長   183mm

重量   770g

装弾数  19発

価格   28、000円 (税込み)

20091002_2745853.jpg
実銃、V10ウルトラコンパクトは、スプリングフィールド
アーモリー社製のコンパクト・カスタムガバです。
エアガンでも、ウルトラコンパクトの人気は、高い様で
少量限定生産が基本の、ウエスタンアームズでも
何度も再販されています。


20091002_2745854.jpg

私的には、初めてウルトラコンパクトを、見たときは
イマイチ感がありました。
コンパクトな銃は、基本的に好きなんですが
スライドに大きく開いたマグナポートと
フィンガーチャンネル付きのホーグタイプ・ラバーグリップが
いかにも攻撃的で・・・・。
どちらかと言うと、コルト・オフィサーズ等の方が
好きだったりします。
しかし、これだけ人気があるとなると
「そんなに良いの?」と、触ってみたくなる、私でした。

20091002_2745855.jpg

個人的にシルバーモデルは、KSCのステンレスシルバー
とか、マルイのクロームシルバー等のツルツル、
テカテカ系に、慣れ親しんできましたので
ウエスタンアームズが得意とする、表面ザラザラ系は
違和感がありましたが、見慣れてくると
ホコリや指紋、キズ等が目立ち難く、落ち着いた質感ですし
こっちも良いなー、なんて思ってます。


20091002_2745856.jpg


で、実際に持ってみると、コンパクトながらズッシリと
した塊感の強いボディで
キッチリ、ガッチリとグリップ出来る
フィンガーチャンネル付き、ワンピースのラバーグリップが、
手のひらにピタッと張り付いて、
非常にシックリとグリッピング出来ます。
人によっては、窮屈と感じるかもしれませんがねー。
常にガッチリとグリップした感じになって
自然と、親指と人差し指の間が、ギューと力が入ります。

20091002_2745857.jpg

トリガーもタクティカルな、スリーホールタイプです。
ノーマルタイプより、トリガーが前方に出ている分
トリガープルが、スムーズで素早く出来る感じですね。

20091002_2745858.jpg

スライド先端には、マグナポートが開けられ
アウターバレルには、この銃の名前の通り、合わせて
10個の穴が開けられています。

実銃では、ここから発射時にガスが噴出して
銃の跳ね上がり(マズルジャンプ)を、抑えます。

20091002_2745859.jpg

スライド右側には、スプリングフィールドのリアルな
刻印が。
切り詰められたフロント周りと合わせて、格好良い
眺めですなー。
コンパクト好きには、堪りません !!

20091002_2745860.jpg

スライドを引くと、ブラック塗装された金属性
コーンバレルが、ニョキッと出てきます。

20091002_2745861.jpg

デルタハンマーやノバックタイプのリアサイトに
ビーバーテイル。
アンビタイプのサムセイフティに、チェッカリングが施された
スライド後部等、リア周りは
タクティカリーなカスタムパーツ満載。


20091002_2745862.jpg

本体と同色に塗装されたマガジンは、必要にして十分な
装弾数19発。
ただ唯一、苦言を呈する所があって、
それはマガジンフォロアー。
いつも親指の爪を引っ掛けて下げていますが
引っ掛ける部分の凹凸が浅くて、弾の装てん途中で
外れてしまう事が、しばしば。
まあ、意識して、しっかり引っ掛けていれば問題無いですが
私の性格が、ラフなもので・・・・。

20091002_2745863.jpg

分解する時に、まずスライドストップレバーを
引き抜くのですが、これが固い・・・・・・。
反対側から、柔らかい物をあてがってコンコン叩きますが
何処かが、傷つきそうで怖い。
それだけ精密なんでしょうが、私の様なラフな性格の人は
そのうち、やっちゃいますよ・・・・ガリッとか、パキッと。

20091002_2745864.jpg

チャンバーカバーとアウターバレルは、一体型の金属製。
バレル部分だけにブラック塗装が、されています。
チャンバー部分だけ金属製の物と比べると
スライドを引いて、戻った時の金属音が、断然良いです。
特に音が反響する場所(コンクリートむき出しの地下室等)
だと、チャチーンと、涙がチョチョギレそうなぐらい
良い音がします。
チャンバー部の刻印もリアル。
やはり金属に刻印された物は、プラの刻印とは
味というか、風合いが違います。

20091002_2745865.jpg

スライドストップノッチには、金属プレートが埋め込まれて
ノッチの削れや変形を防止しています。
なんのためらいも無く、全弾撃ちつくしてスライドストップを
掛けられるなんて・・・・・。素晴らしい。
早く、全メーカーがノッチ削れ対策を施される事を
切に願います。

実射

持った時の重量感、滑らかなスライド操作感に
心地よい操作音。撃てば、ズシッと重いリコイルショックの
S.C.W.ハイスペックバージョン3・マグナブローバック。
んー、私も食わず嫌いでした。とても満足度高いです。
って言うか、ウエスタンアームズ製の操作系、作動系は
元々、満足度高いですけど。
それプラス、五感を刺激するメタルパーツが◎。
デトニクスの様な、もっと小型好きな人は別にして
アクティブで、程よいコンパクトが好きな人には、お勧め
落ち着いた雰囲気を求める方には、向きませんが・・・・。

20091002_2745866.jpg
7m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 10発

ウエスタンアームズ楽天市場店は↓からどうぞ

ウエスタンアームズ フルオート5.0 

dc080105.jpg

dc080107.jpg

ブローバックガスガン (セミ/フル セレクタブル)

固定ホップアップシステム

全長   220mm

重量   1,050g

装弾数  33発

価格   36,750円 (税込み)

dc080110.jpg

ウエスタンアームズ往年の名銃 (迷銃?)プロキラーシリーズ。
その中でも私が愛してやまないのが マーク2 F3.9とF5。
どちらもフルオート機能装備で、F3.9が強化プラスチック・スライド、F5がヘビーウエイト・スライドでした。
そんなプロキラーの復活を長きの間待ち望んでいましたが、プロキラーF3.9の復刻版と言える
SVI-フルオートが先に発売されました。で、続いてF5の生まれ変わりを・・・・と。
ん・・・・・今回のフルオート5.0はなんか違う。確かに似ている所もありますが
SVI-フルオートが直系の生まれ変わりとするなら、ご親戚の方?みたいな感じの銃ですかな。
まあウエスタンアームズさんからすれば、プロキラーの「プ」の字も出していないわけで
私が勝手に騒いでいるだけなんすけどね・・・・・。

dc080101.gif

で早速比べてみました。左側のプロキラーと大きく違う所は、バレル先端にサイレンサー等を取り付ける
ネジ切り部分が無いこと、それとレイル付きシャーシがスライド先端まで伸びてなく
スライド先端も一般的な形状です。スライドストップレバーも通常の長さになってます。
グリップのメダリオンは「SV」(ストレイヤー・ボイト)ではなく、ウイルソンの物。
逆にトリガー・リアサイト・ハンマーの形状やグリップセイフティのキャンセル等
SVI-フルオートでは遺伝しなかった部分が、今回そっくりな形状になってます。

dc080108.jpg

スライドを引けば迫力満点のコーンバレルがニョキニョキ!!っと出てきます。
ヘビーウエイト樹脂製スライドにマットブラック塗装の質感は、まあ強化プラスチック製スライドの物よりは
良いですね。金属シャーシとの違和感もあまり感じられませんし。
ただオーソドックスな感じは否めません。

dc080102.jpg

プロキラーF5のスライド刻印はウエスタンアームズオリジナルでしたが、このフルオート5.0は
ガバメントシリーズ80の刻印が。スライドストップ・ノッチには、当然ながら変形を防ぐノッチプレートが
埋め込まれています。マシンピストルには必須ですよねー。
バババッっと連射してホールドオープンしたスライド・・・・・・んー気持ち良いです。
プロキラー達の時代は、まだ変形対策なんて無い時代ですから
かわいそうに、少しずつ変形してます。そのうちホールドオープン出来なくなると思うと、ぞっとします。

dc080101.jpg

メタルチャンバーには、インフィニティ 45 ACPの刻印が。質感は最高です





dc080104.jpg

ホワイト・ドット入りのフロント・リアサイトは、とてもサイティングし易いですねー。
写真では分かり難いかもしれませんが、実銃のファイヤリング・ピンの位置の下の方に
ポチッと出たピンがあります。これファイヤリング・ピンなんです。

この銃のシステムは、S.C.W.ハイスペック・バージョン3ではなく「パーフェクト・バージョン」で
S.C.W.ハイスペック・バージョンが装備しているトランスファーハンマーシステム(正常にハンマーが
落ちた時のみマガジンのバルブが叩かれる)やガスコントロールシステムを装備せず
ファイヤリング・ピンを介して、直接マガジン・バルブを叩きます。
まあシンプルっちゃあシンプルですが。

dc080106.jpg

シャーシは金属製なので、アンダーマウントレイルの耐久性もバツグンですな。
少々荒っぽくアイテムを装着しても平気です。
形状もスライドの曲線とマッチして、なかなか格好良いです。
まあ、プロキラーの様な直線的デザインも好きですが。

dc080109.jpg

リアサイトの「ウイルソン・コンバット」の刻印が雰囲気を盛り上げてます。
ただ1つくげんを呈するなら、フル・セミのセレクター部分に文字が何も無いのは不親切でないかい?
SVI-フルオートには、ちゃんと「S」と「F」の文字が入ってましたのに。

dc080103.jpg

ぶっといハイキャパシティ・マガジンの装弾数は33発。
残念ながらプロキラーのマガジンと互換性はありませんでした。
まあプロキラーのは、まだマガジンリップが金属の時代の物ですから。
でも、もし使えたらロングマガジンで撃てたのにー、と思うと残念。

実射

1kgを超える重量とハイキャパ・マガジンを収める太いグリップは存在感たっぷり。
少し軽い感じだけど滑らかでスムーズなスライドをひけば、至福の時間に・・・・・。
逸る気持ちを抑えて、まずセミオートで撃ってみる。
バシャッと言う音とともに、重いリコイルショックが手に伝わってきた。
ヘビーウエイト・スライドを苦も無くブローバックさせるマグナブローバックは
やはり凄い。
ただ、例えば同じハイキャパ・マガジンのパラオーディナンスHRTスペシャルと比べると
少し鋭さで劣る感じ。少しマイルトな印象。
まあこれは単純にパーフェクト・バージョンとSCWハイスペックバージョンの違いと言う事か?
で折角なので、プロキラーと撃ち比べてみると、ほぼ同じ様な撃ち心地。
プロキラーを知っている方は、「なーんだ昔のプロキラーと一緒なのかー」と思われるかもしれませんが
すでにプロキラーの時から、ハイレベルな状態だったと言えるのかも?

ロングマガジンを装着したプロキラーF5のフルオートほど、私の心を虜にさせるマシンピストルを
いまだ嘗て知りません。
KSCやマルイのグロック18の様なハイサイクル・フルオートとはまた違った次元の
フルオートなのです。
なのでこのフルオート5.0もフルオートで撃てばバジャシャシャンっと手首を揺らされる
重いリコイルショック。ただし流石のハイキャパマガジンでも、連射しまくると
ブローバックの勢いは弱弱しくなっていきます。
やはりここはロングマガジンが欲しいところですよねー。
マシンピストルにロングマガジンの組み合わせは、銃の最高のスペックをより長く維持させてくれる
変わりに、銃の寿命を縮めてしまうかもしれない「諸刃の剣」的アイテム。(意味合ってる?)
それでも使わずにはいられない魅惑的アイテムなのですう。是非発売してくださーい。

セミオート時の集弾性は良いですね。飛びも非常にフラットに真っ直ぐ飛んでいきます。
固定ホップの掛かりに若干個体差がある場合がありますが
この固体は適正ですね。
この点ではプロキラーの時代からは、随分進化しています。
フルオートの集弾性は・・・・・・、これは的に当てろと言うほうが間違ってます。
いくら両手でしっかり構えても、暴れる銃を静止出来ません。
結果を見ると最初の一発と、発射した時にたまたま的に向いていたと思われる
2発が当たってますね。
まあ、フルオートで的当てをする性格の銃では、ありません。

いやー。待ち望んでいたヘビーウエイト・スライドのマシンピストルがやっと、と言う気分。
ただしロングマガジンが無いとハイサイクルタイプに比べて分が悪い感じ。
もしロングマガジンが登場したら、もっと超お勧めになるのですが。

ちなみに初速は、5回計測で78.75〜80.44m/sでした。

wa-fullauto5.0-12.gif

7m  半径2cm刻みの円 セミオート 0.2gBB弾10発

 

wa-fullauto5.0-13.JPG

7m  半径2cm刻みの円 フルオート 0.2gBB弾10発










ウエスタンアームズ M92FS ダイハード・タイプ バトルダメージ

wa-m92-die-batt-1.jpg

ブローバックガスガン 

可変ホップアップシステム

全長   217mm

重量   1,048g

装弾数  25発

価格   31,500円 (税込み)

wa-m92-die-batt-2.jpg

ベレッタ M92Fと言えばハリウッド映画にも、よく登場するお馴染みの銃ですね。
ブローバックガスガンも国内の各エアガンメーカーさんがモデルアップされているので
選ぶにも苦労してしまいますが、質感で言えばやはりウエスタンアームズでしょう。

ヘビーウエイト(金属粉を混ぜ込んだプラスチック)素材のモデルは、KSCでも
作っていますが、ウエスタンアームズ独自のカーボンブラック(ヘビーウエイト素材を
色調節した物)仕上げのリアルな金属感は、やはり凄いです。

しかしカーボンブラックはさらに進化し
金属素材を含む全ての外装パーツを研磨後黒染めし、ポリッシュにて
エイジング処理(長年使いこんできたかの様な加工)を施された
バトル・ダメージ仕上げとして登場してきました。

ちなみに、個々に多少の違いはありますが、ビンテージ仕上げも
仕様的には、バトル・ダメージと同じ処理方法だそうです。

今回のレビューは「ダイハード・バトルダメージ」なんですが、少し前のモデル。
現在売られているモデルと比べると、スライドストップ・リリースレバーが長い
エクステンデッド・スライドリリ−スレバー仕様。
なぜ? 我が家にダイハード1と2と3のDVDが存在しないという驚愕の事実が判明した今
映画を見て確認が出来ない状態なので、分からないのですが
ネットで少し調べてみると、ダイハードとリーサルウエポンで、スライドストップ
リリースレバーの延長された、同一個体のプロップガン(撮影用小道具銃)が
使用されたとの記述が。
だとするとエクステンデッド・スライドリリスレバー仕様はダイハード1で使われた
モデルで、現在ウエスタンアームズで売られているモデルは、ダイハード2・3モデル
という事かな。ダイハード4ではジョン・マクレーンの愛銃は変わってますし。

以上、私の想像でした。

wa-m92-die-batt-3.jpg

で、実際にエイジング処理を目の当たりにすると、凄いとしか言いようがない。
とても素材がプラスチックとは思えません。
アウターバレルの丸味のあるパーツも丁寧にポリッシュされています。
手作業少量生産のなせる業とでも言いましょうか。

まあ、見た目には、全体的には黒いです。まあ、黒染めだから当然ですが。

wa-m92-die-batt-4.jpg

カーボンブラック素材とセイフティレバーやハンマー等の金属パーツとの
馴染み加減も素晴らしい。
スライドストップ・リリースレバーの平らな部分をもう少しポリッシュしたら
完璧なんじゃあない?
あー、でも自分じゃあ出来ないしな〜。そんな〜!!怖い。出来ません。

wa-m92-die-batt-5.jpg

なんかグリップパネルの艶が無いと思っていたら、グリップパネルは
強化プラスチックではなく、ヘビーウエイト樹脂製。

勿論グリップパネルのマークは実物と同様のもの。
制式契約してるので当然か。ベレッタのグリップのマークって、けっこう大きくて目立つ
ので、他社にたいしてかなりアドバンテージ。
マルイ製の場合は、マークをわりと似せて作ってますが、3本の矢が剣に変わって
ます。KSCは似せようとは思ってないらしく、マークの丸い中に大きくKSCと書かれてます。
ここは、各社それぞれと言う感じですか・・・。

wa-m92-die-batt-6.jpg

スライドの刻印はリアルさに欠けます。スライド右側面の刻印の
「MADE IN JAPAN BY WESTERN ARMS」って・・・・・ちょっと・・・・。

wa-m92-die-batt-7.jpg

リアルという事で言えば、銃後部からハンマーを起こして眺めるとイマイチですね。

KSCはダミーですがファイアリングピンが再現されていて、ハンマーを起こしている
状態でセイフティ・オンにすると、セイフティ・レバーに連動してファイアリングピンが
上に回転しハンマーがデコック(ハンマーが安全に落ちる)される実銃どおりの
動きをしてくれるのに対し、ウエスタンアームズはプレート状のパーツが出て来て
ハンマーが落ちる。

ハンマーが落ちた時の位置も、もう少し奥まで戻って欲しい気もする。

パーフェクトバージョンが出てから年月が経つので、そろそろ全面改良でどうでしょう?

wa-m92-die-batt-8.jpg

マガジンの装弾数は、25発。マガジンリップは本体と一体成型の金属製。

マガジンは全くエイジング処理されていないのですが
せめてマガジンの底部(銃に装着しても、見える部分)は剥がしてほしかったですね。

wa-m92-die-batt-9.jpg

フロントサイト、リアサイト共にホワイト・ドット入りで
視認性は良好です。

wa-m92-die-batt-10.jpg

ウエスタンアームズのガバメント系は、もうすっかり固定ホップアップが
定着していますが、こちらは可変ホップのまま。

スライドを外しチャンバー底部に六角レンチを挿して調節します。

wa-m92-die-batt-11.jpg

M92の通常分解。
エイジング処理をするために、今回初めてアウターバレルも
カーボンブラック樹脂になったそうな。
今まで違ったんですねえ?

実射


圧倒的な質感と重量。これを味わうためだけでも、この銃を手にする価値はあるかも。
ただ内部構造的には、パーフェクト・バージョンで年月が経っているので
他社の物に比べて見劣りする部分があるのも確か。

操作、作動もスムーズなんですが、ブローバックは、並みレベル。
同じウエスタンアームズのガバメント系のマグナブローバックや
他社のハード・リコイルタイプのガスガンと撃ち比べると、弱く感じてしまう。
まあ、マルイやKSC製のベレッタM92FSでも、他のモデルに比べると
リコイルショックは弱いですから、ベレッタM92自体の構造てきな問題か?

普通ブローバックエンジンが収まる位置に、マニュアル・セイフティのユニットが
あるせいかな〜?

そのせいでブローバック・ユニットが小さくなっているとか?

ホップアップ調整は、スライドを外して六角レンチでチャンバーの底の穴から
調整するのですが、なかなかホップが合わなくって、いちいち分解するのが面倒。
まだ室温が20度位で、ガスも安定しないのでホップも不安定になるのか。

集弾性テストでも、マガジンがあまり冷えてない時は、なかなかに集弾も良いですが
マガジンが冷えてくると、途端に縦方向に乱れてくるので、集弾的には
マガジンの冷えに敏感なのかも。

初速は室温を25度まで上げて、0.2gBB弾10発平均で 74.41m/sでした。

最後に・・・・、ダイハードのジョン・マクレーンは左利きなので、当然ベレッタの
マガジンキャッチリリースボタンは、左利き用に銃の右側にあるのですが
ウエスタンアームズでは、ダイハード・モデルも敢えて右利き用になってます。
勿論、左利き用に向きを変えられる構造になっているのでご安心を。
拘る方は、ちゃんと左利き用に出来ます。

しかしバトル・ダメージフィニツシュは凄い。

手作業少量生産で価格が高いのが難点ですが、一度は味わいたい逸品です。

wa-m92-die-batt-12.gif
距離 7m  半径2cm刻みの円 0.2gBB弾 10発



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。