ウエスタンアームズ - エアガンレビューなブログ

WA パラオードHRTスペシャルCBレスベア



wa-hrt-0.jpg

wa-hrt-1.jpg

ブローバックガスガン

固定ホップアップシステム

全長   220mm

重量   1、055g

装弾数  26発

価格   35,700円 (税別) 

wa-hrt-2.jpg

実銃のHRTスペシャルは、FBIの人質救出チーム Hostage Rescue Teamが採用した
カスタム45オートです。
カナダのパラオーディナンス社(現在は、パラUSA)が開発した、ダブルカラム(複列)
マガジンを使用するハイキャパP14をベースに、レスベア社が作り上げた銃なのですが
実際は、FBIから発注された半分にも満たない数しか納入できず、
銃自体にもトラブルが出てきて、ちと残念な結果になってしまっています。

wa-hrt-3.jpg

と、言うことで私も最初はそんなに興味ある銃では無かったのですが・・・・

ウエスタンアームズのマグナ・ブローバックは、皆さんご承知のとおり
重いスライドを力強くブローバックさせる事で、ガツンとくるリコイルショックを
味わえる、国産の中でも強力なシステム。
しかも作動は、あくまでもスムーズで優等生な感じのブローバックですな。


そのマグナブローバックは、例えばウエスタンアームズの主流となっている
ガバメント系なら、すべてイコールコンディションすなわち
スライドのサイズが同じならどの銃でも、多少の個体差はあっても
撃ち心地は同じですよねえ。

ただし例外があって、ハイキャパシティマガジンを使用する「SVI」シリーズや
「STI」シリーズは、さらに強力なリコイルショックを味わえるとのこと。

実銃では装弾数が多い、分厚いハイキャパマガジンは、エアガンで言えば
装てん出来る「ガス」がハイキャパな訳で、いくらでもお使いなさいと
言わんばかりに、さらに強力なリコイルショックを発生させているのです。

実際に撃ってみると確かに、重くてガツンとくるブローバックが
さらに強力になってるのが分かります。
ハイキャパマガジンを持ったゴツゴツのボディに強力なマグナブローバックで
迫力満点と言ったところです。

つまりパイキャパマガジンを持つガバメントは、通常のシングルマガジンタイプの
ガバメントより、さらに強いリコイルショックを味わえるという事です。

でもハイキャパ系のガバってゴッツイんですよね〜。
上の写真はウエスタンアームズの、ちょっと古いモデル「プロキラー」ですが
グリップは勿論、フレームやスライドもゴッツゴツでしょ。
まあ、これはこれでカッコいいのですが
もう少しノーマルっぽい銃はないかなあ〜ハイキャパで・・・なんて思ったり
するんですね〜。

そんな時に目に入ったのがHRTスペシャルなんです。
適度にカスタム化されたパーツに、ハイキャパ仕様と言う事は・・・・・・
まさにテンション・マックスの期待値100パーセントって感じです。

wa-hrt-4.jpg

ちと、同じタクティカルガンのMEUピストルと比べてみました。
ノバックタイプのリアサイトとか、スリーホールタイプのトリガーとか
アンビタイプのサムセイフティとか、横から見た雰囲気は写真右の
ウエスタンアームズ製MEUピストル中期型によく似ています。

wa-hrt-5.jpg

細かい違いを見てみると、スライドのセレイション(滑り止め溝)の形状が
MEUピストルは間隔のひろい、シンプルな直角な溝タイプですが
HRTスペシャルは、感覚の狭いギザギザなタイプになっています。

wa-hrt-6_20170918144525ac6.jpg

HRTスペシャル最大の特徴が、ハイキャパマガジンを納めるために
膨らんだグリップ回り。
フレームからグリップにかけての、膨らんでいく形状がなんとも好きなんですが
如何?
グリップパネルは実銃用の純正品。

wa-hrt-6-5.jpg

ん〜なんとも太いグリップ。指の短い私は若干持ち難さを感じますが
グリップ前面に、細かく綺麗に刻まれたチェッカリングの効果もあってか
見た目ほどではありませんね。

チェッカリングといえば、手作業で綺麗に仕上げられたカーボンブラック素材の
HRTスペシャルは、国内大手メーカーの中では最高ランクの美しさ。
その分値もはりますが、それだけの価値はあると思います。

wa-hrt-7.jpg

スライドの刻印類は、刻印機でくっきりと刻まれてます。
最近はレスベア刻印が入る様になりましたね。

wa-hrt-8.jpg

装弾数はシングルカラムタイプ・マガジンより5発位多いだけですが
横幅はシングルカラムタイプ・マガジンに比べると倍ぐらい大きい
ハイキャパマガジン。
私なんかは、グロックとかのダブルカラムタイプ・マガジンとかの方が
見慣れているので逆に、シングルマガジンってこんなに細いのか!!って
思っちゃいますけどね。

wa-hrt-8-5.jpg


マガジンリップはプラスチック製って、今では当たり前の様になってますが
割と最近まで金属製で頑張ってた所もありますよね〜。
まあ金属だとBB弾を痛めてしまう事もあるってことで
それだけ昔に比べて、エアガンの集弾性等の性能が向上したので
BB弾への影響にもシビアになった・・・・・という事でしょうか。
写真左は、ウエスタンアームズ製の古いパラオーディナンスのマガジン。
リップはガチガチの金属製。

wa-hrt-9.jpg

スライドのエジェクション・ポートを覗くと、レスベア刻印の入った
メタルチャンバーカバーが。
金属への刻印と、プラスチックへの刻印では味わいがまるで違いますね。

wa-hrt-10.jpg


このメタルチャンバーカバーは、金属製のアウターバレルへと繋がっています。
金属製なので、バレルの途中に改造防止のスリットが入っています。
これだけ金属パーツになっていれば、スライド操作音もかなり良いと思っちゃいますけど
スライドはプラスチックなので、そうでもないですね。
同じ様な仕様の、ウエスタンアームズ製V10ウルトラコンパクトは、凄く良い
音がするのに・・・・。

wa-hrt-10-5.jpg

バレルブッシングはシルバーで、アウターバレルは金属性のシルバー。
インナーバレルは金ぴかで、プロ仕様にしては華やかなバレル回り。


wa-hrt-11.jpg

スライドのノッチ部分には、削れ対策の金属プレートが埋め込まれています。

wa-hrt-12.jpg

フロントとリアサイトは、ホワイトドットタイプ。

実射

1sを超える重量は持った時にズシリときますね。
カーボンブラック素材のスライドとフレームは、見た目のリアリティが
素晴らしい。これは業界随一と言っていいほどです。
最近では、よりリアルな雰囲気を醸し出すために
カーボンブラックを黒染めして、スライドやフレームの「角」をポリッシュして
色を落とし、使い込まれた風合いを出した「バトルダメージ」や
「ビンテージ・エディション」等がありますが、ノーマルでも
十分リアルだと思います。

スライドの操作は、滑らかと表現出来るほどスムーズで
スライドを引いている時の感触や引き心地も大手メーカーの中では
最高ランク。
ただ、スライドとフレームが嚙み合う部分は、そんなにタイトに作られて
いないので、銃を左右に振った時などは、多少ガタガタ感がありますね。
まあ、トイガンであまりに隙間無く作ってしまうと、操作や作動に影響が
出るのかも知れませんが、もう少しカッチリしたほうが
気持ちいいと思います。

ブローバック時のリコイルショックは、期待通りシングクカラムタイプより
増大されています。
スライドが後退しきった時のガツンと来る感触が、さらに強くなっていて
違いがはっきり分かるレベル。
これは爽快です。
なので、シングルカラムタイプのガバで普通のリコイルショックで行くか
多少グリップが太くなるのを我慢して、強烈なリコイルショックを楽しむか。
悩みどころでは、ありますな。

これだけ見た目の仕上げが良いと、コレクターのアイテムとしての色合い
が大きいですが、実射性能もなかなかの物を持っています。
ウエスタンアームズさんのガバ系は、固定ホップ一本で通してますが
これが安定した飛びを見せてくれます。
個体差で、飛びの後半でホップの勢いが多少強かったりしますが
まあ、BB弾の重さを変えて対応すればいいと思います。

と、実射性能も悪くないので(重量はありますが)、実戦投入してもなんら
問題は無いのですが・・・・いかんせん、高額な商品ですので
結局コレクターアイテムになっちゃいますよね〜。

このHRTスペシャルは、今度はいつ発売されるか分かりませんし
もしかしたら、もう出てこないかもしれません。
なので中古市場等で出会う機会があったら、是非このブローバックを
体感してみて下さい。

wa-hrt-13.gif
7m 半径2cm刻みの円 0.2gBB弾10発






 

ウエスタンアームズ V10ウルトラコンパクト 07

20091002_2745852.jpg

ブローバックガスガン

固定ホップアップシステム

全長   183mm

重量   770g

装弾数  19発

価格   28、000円 (税込み)

20091002_2745853.jpg
実銃、V10ウルトラコンパクトは、スプリングフィールド
アーモリー社製のコンパクト・カスタムガバです。
エアガンでも、ウルトラコンパクトの人気は、高い様で
少量限定生産が基本の、ウエスタンアームズでも
何度も再販されています。


20091002_2745854.jpg

私的には、初めてウルトラコンパクトを、見たときは
イマイチ感がありました。
コンパクトな銃は、基本的に好きなんですが
スライドに大きく開いたマグナポートと
フィンガーチャンネル付きのホーグタイプ・ラバーグリップが
いかにも攻撃的で・・・・。
どちらかと言うと、コルト・オフィサーズ等の方が
好きだったりします。
しかし、これだけ人気があるとなると
「そんなに良いの?」と、触ってみたくなる、私でした。

20091002_2745855.jpg

個人的にシルバーモデルは、KSCのステンレスシルバー
とか、マルイのクロームシルバー等のツルツル、
テカテカ系に、慣れ親しんできましたので
ウエスタンアームズが得意とする、表面ザラザラ系は
違和感がありましたが、見慣れてくると
ホコリや指紋、キズ等が目立ち難く、落ち着いた質感ですし
こっちも良いなー、なんて思ってます。


20091002_2745856.jpg


で、実際に持ってみると、コンパクトながらズッシリと
した塊感の強いボディで
キッチリ、ガッチリとグリップ出来る
フィンガーチャンネル付き、ワンピースのラバーグリップが、
手のひらにピタッと張り付いて、
非常にシックリとグリッピング出来ます。
人によっては、窮屈と感じるかもしれませんがねー。
常にガッチリとグリップした感じになって
自然と、親指と人差し指の間が、ギューと力が入ります。

20091002_2745857.jpg

トリガーもタクティカルな、スリーホールタイプです。
ノーマルタイプより、トリガーが前方に出ている分
トリガープルが、スムーズで素早く出来る感じですね。

20091002_2745858.jpg

スライド先端には、マグナポートが開けられ
アウターバレルには、この銃の名前の通り、合わせて
10個の穴が開けられています。

実銃では、ここから発射時にガスが噴出して
銃の跳ね上がり(マズルジャンプ)を、抑えます。

20091002_2745859.jpg

スライド右側には、スプリングフィールドのリアルな
刻印が。
切り詰められたフロント周りと合わせて、格好良い
眺めですなー。
コンパクト好きには、堪りません !!

20091002_2745860.jpg

スライドを引くと、ブラック塗装された金属性
コーンバレルが、ニョキッと出てきます。

20091002_2745861.jpg

デルタハンマーやノバックタイプのリアサイトに
ビーバーテイル。
アンビタイプのサムセイフティに、チェッカリングが施された
スライド後部等、リア周りは
タクティカリーなカスタムパーツ満載。


20091002_2745862.jpg

本体と同色に塗装されたマガジンは、必要にして十分な
装弾数19発。
ただ唯一、苦言を呈する所があって、
それはマガジンフォロアー。
いつも親指の爪を引っ掛けて下げていますが
引っ掛ける部分の凹凸が浅くて、弾の装てん途中で
外れてしまう事が、しばしば。
まあ、意識して、しっかり引っ掛けていれば問題無いですが
私の性格が、ラフなもので・・・・。

20091002_2745863.jpg

分解する時に、まずスライドストップレバーを
引き抜くのですが、これが固い・・・・・・。
反対側から、柔らかい物をあてがってコンコン叩きますが
何処かが、傷つきそうで怖い。
それだけ精密なんでしょうが、私の様なラフな性格の人は
そのうち、やっちゃいますよ・・・・ガリッとか、パキッと。

20091002_2745864.jpg

チャンバーカバーとアウターバレルは、一体型の金属製。
バレル部分だけにブラック塗装が、されています。
チャンバー部分だけ金属製の物と比べると
スライドを引いて、戻った時の金属音が、断然良いです。
特に音が反響する場所(コンクリートむき出しの地下室等)
だと、チャチーンと、涙がチョチョギレそうなぐらい
良い音がします。
チャンバー部の刻印もリアル。
やはり金属に刻印された物は、プラの刻印とは
味というか、風合いが違います。

20091002_2745865.jpg

スライドストップノッチには、金属プレートが埋め込まれて
ノッチの削れや変形を防止しています。
なんのためらいも無く、全弾撃ちつくしてスライドストップを
掛けられるなんて・・・・・。素晴らしい。
早く、全メーカーがノッチ削れ対策を施される事を
切に願います。

実射

持った時の重量感、滑らかなスライド操作感に
心地よい操作音。撃てば、ズシッと重いリコイルショックの
S.C.W.ハイスペックバージョン3・マグナブローバック。
んー、私も食わず嫌いでした。とても満足度高いです。
って言うか、ウエスタンアームズ製の操作系、作動系は
元々、満足度高いですけど。
それプラス、五感を刺激するメタルパーツが◎。
デトニクスの様な、もっと小型好きな人は別にして
アクティブで、程よいコンパクトが好きな人には、お勧め
落ち着いた雰囲気を求める方には、向きませんが・・・・。

20091002_2745866.jpg
7m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 10発

ウエスタンアームズ楽天市場店は↓からどうぞ

ウエスタンアームズ フルオート5.0 

dc080105.jpg

dc080107.jpg

ブローバックガスガン (セミ/フル セレクタブル)

固定ホップアップシステム

全長   220mm

重量   1,050g

装弾数  33発

価格   36,750円 (税込み)

dc080110.jpg

ウエスタンアームズ往年の名銃 (迷銃?)プロキラーシリーズ。
その中でも私が愛してやまないのが マーク2 F3.9とF5。
どちらもフルオート機能装備で、F3.9が強化プラスチック・スライド、F5がヘビーウエイト・スライドでした。
そんなプロキラーの復活を長きの間待ち望んでいましたが、プロキラーF3.9の復刻版と言える
SVI-フルオートが先に発売されました。で、続いてF5の生まれ変わりを・・・・と。
ん・・・・・今回のフルオート5.0はなんか違う。確かに似ている所もありますが
SVI-フルオートが直系の生まれ変わりとするなら、ご親戚の方?みたいな感じの銃ですかな。
まあウエスタンアームズさんからすれば、プロキラーの「プ」の字も出していないわけで
私が勝手に騒いでいるだけなんすけどね・・・・・。

dc080101.gif

で早速比べてみました。左側のプロキラーと大きく違う所は、バレル先端にサイレンサー等を取り付ける
ネジ切り部分が無いこと、それとレイル付きシャーシがスライド先端まで伸びてなく
スライド先端も一般的な形状です。スライドストップレバーも通常の長さになってます。
グリップのメダリオンは「SV」(ストレイヤー・ボイト)ではなく、ウイルソンの物。
逆にトリガー・リアサイト・ハンマーの形状やグリップセイフティのキャンセル等
SVI-フルオートでは遺伝しなかった部分が、今回そっくりな形状になってます。

dc080108.jpg

スライドを引けば迫力満点のコーンバレルがニョキニョキ!!っと出てきます。
ヘビーウエイト樹脂製スライドにマットブラック塗装の質感は、まあ強化プラスチック製スライドの物よりは
良いですね。金属シャーシとの違和感もあまり感じられませんし。
ただオーソドックスな感じは否めません。

dc080102.jpg

プロキラーF5のスライド刻印はウエスタンアームズオリジナルでしたが、このフルオート5.0は
ガバメントシリーズ80の刻印が。スライドストップ・ノッチには、当然ながら変形を防ぐノッチプレートが
埋め込まれています。マシンピストルには必須ですよねー。
バババッっと連射してホールドオープンしたスライド・・・・・・んー気持ち良いです。
プロキラー達の時代は、まだ変形対策なんて無い時代ですから
かわいそうに、少しずつ変形してます。そのうちホールドオープン出来なくなると思うと、ぞっとします。

dc080101.jpg

メタルチャンバーには、インフィニティ 45 ACPの刻印が。質感は最高です





dc080104.jpg

ホワイト・ドット入りのフロント・リアサイトは、とてもサイティングし易いですねー。
写真では分かり難いかもしれませんが、実銃のファイヤリング・ピンの位置の下の方に
ポチッと出たピンがあります。これファイヤリング・ピンなんです。

この銃のシステムは、S.C.W.ハイスペック・バージョン3ではなく「パーフェクト・バージョン」で
S.C.W.ハイスペック・バージョンが装備しているトランスファーハンマーシステム(正常にハンマーが
落ちた時のみマガジンのバルブが叩かれる)やガスコントロールシステムを装備せず
ファイヤリング・ピンを介して、直接マガジン・バルブを叩きます。
まあシンプルっちゃあシンプルですが。

dc080106.jpg

シャーシは金属製なので、アンダーマウントレイルの耐久性もバツグンですな。
少々荒っぽくアイテムを装着しても平気です。
形状もスライドの曲線とマッチして、なかなか格好良いです。
まあ、プロキラーの様な直線的デザインも好きですが。

dc080109.jpg

リアサイトの「ウイルソン・コンバット」の刻印が雰囲気を盛り上げてます。
ただ1つくげんを呈するなら、フル・セミのセレクター部分に文字が何も無いのは不親切でないかい?
SVI-フルオートには、ちゃんと「S」と「F」の文字が入ってましたのに。

dc080103.jpg

ぶっといハイキャパシティ・マガジンの装弾数は33発。
残念ながらプロキラーのマガジンと互換性はありませんでした。
まあプロキラーのは、まだマガジンリップが金属の時代の物ですから。
でも、もし使えたらロングマガジンで撃てたのにー、と思うと残念。

実射

1kgを超える重量とハイキャパ・マガジンを収める太いグリップは存在感たっぷり。
少し軽い感じだけど滑らかでスムーズなスライドをひけば、至福の時間に・・・・・。
逸る気持ちを抑えて、まずセミオートで撃ってみる。
バシャッと言う音とともに、重いリコイルショックが手に伝わってきた。
ヘビーウエイト・スライドを苦も無くブローバックさせるマグナブローバックは
やはり凄い。
ただ、例えば同じハイキャパ・マガジンのパラオーディナンスHRTスペシャルと比べると
少し鋭さで劣る感じ。少しマイルトな印象。
まあこれは単純にパーフェクト・バージョンとSCWハイスペックバージョンの違いと言う事か?
で折角なので、プロキラーと撃ち比べてみると、ほぼ同じ様な撃ち心地。
プロキラーを知っている方は、「なーんだ昔のプロキラーと一緒なのかー」と思われるかもしれませんが
すでにプロキラーの時から、ハイレベルな状態だったと言えるのかも?

ロングマガジンを装着したプロキラーF5のフルオートほど、私の心を虜にさせるマシンピストルを
いまだ嘗て知りません。
KSCやマルイのグロック18の様なハイサイクル・フルオートとはまた違った次元の
フルオートなのです。
なのでこのフルオート5.0もフルオートで撃てばバジャシャシャンっと手首を揺らされる
重いリコイルショック。ただし流石のハイキャパマガジンでも、連射しまくると
ブローバックの勢いは弱弱しくなっていきます。
やはりここはロングマガジンが欲しいところですよねー。
マシンピストルにロングマガジンの組み合わせは、銃の最高のスペックをより長く維持させてくれる
変わりに、銃の寿命を縮めてしまうかもしれない「諸刃の剣」的アイテム。(意味合ってる?)
それでも使わずにはいられない魅惑的アイテムなのですう。是非発売してくださーい。

セミオート時の集弾性は良いですね。飛びも非常にフラットに真っ直ぐ飛んでいきます。
固定ホップの掛かりに若干個体差がある場合がありますが
この固体は適正ですね。
この点ではプロキラーの時代からは、随分進化しています。
フルオートの集弾性は・・・・・・、これは的に当てろと言うほうが間違ってます。
いくら両手でしっかり構えても、暴れる銃を静止出来ません。
結果を見ると最初の一発と、発射した時にたまたま的に向いていたと思われる
2発が当たってますね。
まあ、フルオートで的当てをする性格の銃では、ありません。

いやー。待ち望んでいたヘビーウエイト・スライドのマシンピストルがやっと、と言う気分。
ただしロングマガジンが無いとハイサイクルタイプに比べて分が悪い感じ。
もしロングマガジンが登場したら、もっと超お勧めになるのですが。

ちなみに初速は、5回計測で78.75〜80.44m/sでした。

wa-fullauto5.0-12.gif

7m  半径2cm刻みの円 セミオート 0.2gBB弾10発

 

wa-fullauto5.0-13.JPG

7m  半径2cm刻みの円 フルオート 0.2gBB弾10発